SNSが当たり前の時代の中、4年間程発信しなくていま思う。発信することのハードルは高くない

SNSが当たり前の時代の中、4年間程発信していませんでした。

2020年は発信の年として、2019年12月31日から毎週日曜日に「note」を開始。2020年1月29日からは、ブログ更新を始める。2020年3月8日から個人アカウントのYouTubeチャンネルより動画をアップ。

ネットは届く”可能性”を秘めているだけ

発信を継続していくことに対して、小さな成功体験があります。

2015年に始めたのが福岡の観光情報を集めたサイト「TRIP OFF」というWebサイトになります。紆余曲折ありながらも1年間継続してみて、月間3万pv・5500ユーザー前後。

はじめはメディアだけではまったくお金にならないので、Web制作の仕事も請け負うようになっていきました。

周囲の人達のおかげで、Web制作の仕事が忙しくなり、メディアサイトの方の記事制作をして更新するということが回らなくなりました。

そういった状況がかれこれ4年程続き、何か発信することに対してものすごくハードルの高さを感じていました。現在はリニューアル準備中で記事自体は更新を止めている状態です。

数字で見たら、特別結果を出しているわけではありません。

ただ、発信する過程で生まれた価値観を共有することのできる出会いや仕事。そしてそれは、人生がものすごく豊かになるということも学びました。

発信することのハードルは高くない

何かで停滞したり、焦ったりすると、どうしても「どうせ◯◯だから」という社会的な正しさや、既に結果が出ている安易な解に逃げてしまいます。

まずは、ハードルを上げすぎず試してみることが何よりも大切なことなのかと思うのです。

現状維持よりは変化する方向へ歩んでいきたい。少し先の未来を見据えて、地道に積み重ねていきます。

それでは、このへんで。
今日も、よい人生とよい旅を。

  • SHARE THIS ARTICLE

大学在学中より独学で観光メディア・ウェブサイト制作を始め、新卒フリーランスとして独立。2016年にドローンと出会い、空撮の魅力にはまり、国内外をドローンと共に巡る。2020年観光メディア「TRIP OFF」立ち上げ準備中。