失敗した経験がなければ、本当の道理は得ることができない。新潟・東京出張を振り返る

トコトン失敗した経験がなければ、本当の道理は得ることができないと思っています。

2020年2月13日より、福岡から新潟・東京の2泊3日の出張へ。この出張期間中に、2回も飛行機を乗り遅れ、当日券を取り直し、航空券代だけで合計13万円程かかることに。こちらの記事でも書いたように、飛行機でのトラブルシリーズ第二弾です。

失敗をどのように糧にするか

自分のスケジュール調整ミスを前提に、この失敗について飛行機出発前に向き合いたいと思います。

マイナスな出来事があればもちろん落ち込みます。世の中には1000万以上借金を抱えながら挑戦する人もいる中、10万くらいの航空券代でくよくよするのは、アホな自分にとっては良き勉強材料。早朝便は出来る限り避ける、成田じゃなく羽田にするなど反省し切り替えます。

新潟市では、夜は新潟駅付近にある「かもせ屋」へ。新潟の日本酒「加茂錦 荷札酒」が甘い香り、スッキリした飲み味、爽やかな後味で最高でした。新鮮な魚も美味。

東京では、渋谷PARCO8階内にあるほぼ日が企画運営するギャラリー「ほぼ日曜日」で開催されていた「幡野広志のことばと写真展立ちどまらせる写真と、背中を押すことばたち」へ。写真は添えられる言葉で印象がかわるように、日々を精密に見つめていれば、いかに平凡な風景が美しくて、何気なくそこにあるか気づかされます。

自分のこれまでの経験を通してみても、まわりの方々を見渡してみても、その失敗をどのように糧にするかで、その先の未来が変わる。だからこそ、斜に構えないことが何よりも大切だと思うのです。お金の出費を律する事は大切な事ですが、失敗を恐れず挑戦したいことはドンドン実践してみたいと思います。

それでは、このへんで。
今日も、よい人生とよい旅を。

  • SHARE THIS ARTICLE

編集者 / ドローングラファー。大学卒業後、フリーランスとして独立。2016年ドローン空撮の魅力にはまり、国内外共に巡る。