208もの島が浮かぶ 長崎県九十九島 ドローン空撮

日本のジュエラー「TASAKI」のアイコンの一つ、真珠にフォーカスした映像。長崎県九十九島にある真珠養殖場でのドローン空撮を担当しました。映像は、中国語、英語、フランス語などグローバルバージョンで制作され、百貨店などで展開。

Drone Photographer : 小野 義明 (TAHITO)
Agent : 株式会社インファス・ドットコム
Client: TASAKI
Year : 2017

島の密度は日本一


映画「ラストサムライ」の冒頭シーンにもあった、小島が浮かぶ静かな夕焼けは美しく印象的。撮影工程が過密だったこともあり、佐世保市のご当地料理「佐世保バーガー」や「あごだしラーメン」など今回は断念。またゆっくりと訪れたい場所の一つになりました。

九十九島 (くじゅうくしま)とは
・佐世保港から北の平戸市までの約25kmを結ぶ大海域
・実際には4つの有人島、204もの無人島の計208もの島々が浮かぶ
・敷地内には、九十九島水族館海きららをはじめ、ショップやレストランなどの施設もあり

ドローン空撮が、まだ知らない地域の原風景に導いてくれる気がします。日々の変化を受け入れ、積み重ね研鑽していきたいです。

それでは、このへんで。
今日も、よい人生とよい旅を。

  • SHARE THIS ARTICLE

編集者 / ドローングラファー。大学卒業後、フリーランスとして独立。2016年ドローン空撮の魅力にはまり、国内外共に巡る。