“永く着続ける衣服を作り続けること” MITTAN インタビュー

福岡県宮若市にあるギャラリー「うつしき」。展示会を行った作家の方に取材を行い、サイト内にある「対 話」というページで取材・執筆を担当しております。

作った服の後ろには必ず人がいる

世界に遺る衣服や生地にまつわる歴史を元に、現代の民族服を提案する『MITTAN』。

“永く着続ける衣服を作り続けること”

ブランド設立当初から行っている、購入時期を問わず、ほつれや破れなどの修繕・染め直しを続けることもその想いから。

いまでも手間を惜しまず、人の手から生まれるものづくりを大切にしています。

対 話
https://utusiki.com/interview_mittan/

  • SHARE THIS ARTICLE

編集者 / ドローングラファー。大学卒業後、フリーランスとして独立。2016年ドローン空撮の魅力にはまり、国内外共に巡る。