ブログの習慣は思考の整理。止まっていたブログを毎日再開

発信をしている日々のほうが学びが深まる

2019年12月31日から「note」を開始。2020年1月29日からは、自分のドメインでブログを開始。2020年は「発信の年」として決めたにも関わらず、4月から更新頻度が激減してているのが現状です…。

4月くらいから更新が止まり、今年も残り2ヶ月半程になります。時間は平等。SNS上でアウトプットを日々していた時期と、忙しさを理由にできていない時期、どちらが学びや気づきを言語化できていたかといえば、前者の発信を日々していた時期でした。

ダイエットをすると決意をして、「ダイエットしている」と周りに話すより、「ランニングは何キロ走って、食事は毎日メモをしている」という話を聞くと、具体的にかつ人に過程を共有できるようにしている人の方が本気度が伝わってくる気がしています。

決意より環境と習慣

「自分、変わります」と宣言するのは、周りからも宣誓として受け取りやすい状況ですが、3ヶ月後フタを開けてみたらどうなるのだろうか?

と、頓挫した僕が経験して思うのは、意思よりも習慣や環境づくりのほうに力を注いでいったほうが良いと思っています。

伝える力を高めるために日々のSNS上で発信力を身につけていきたいのに、仕事の総量を見誤り発信ができていない現状が上半期は続きました。要領がうまい人はうまくできるとは思うのですが、僕はうまくないので、下半期は仕事の総量を見つめ直している段階です。

売上下がっても伝える力を高める

もう少し踏み込んでいうと、前年度の売上が下がっても目先のお金は追わず、伝える力を高めるために日々のSNSでの発信に力を注ぎたいです。

インフルエンサーになって目立ちたいという気持ちではなく、伝える立場にいるからこそ、もっと多くの人に響くものを書き伝えていけるようになりたい。そのために、SNSはひとつの手段であり、バズなど短期的ではなく、中長期的にコツコツと積み重ねていくには、日々の発信が肝なのかと。

まだまだ手探りの状態ですが、1日のうちに寝る以外はモニターの前にいる生活は辞めるようにシフトし、気になることは本などで知識や学びを深め、自然環境に身をおいて感性を磨き、手や足を動かして、そのときに気づいたことをSNSやブログなどの発信に力を注いでいきたい。

まとまっていないですが、タイトルに書いたとおり、地道にブログを再開するという宣誓めいた記事になりました…!

それでは、このへんで。
今日も、よい人生とよい旅を。

  • SHARE THIS ARTICLE

編集者 / ドローングラファー。大学卒業後、フリーランスとして独立。2016年ドローン空撮の魅力にはまり、国内外共に巡る。