ドローンの飛行距離はどこまで電波が届くのか。

おはようございます、小野義明です。

ドローンを飛行する際に聞かれるのが、「飛行距離」についてです。

ドローンを飛行させた人なら体験した人もいると思うのですが、ある一定の距離を超えると繋いでいる送信機の画面が真っ暗になります。

ドローンは直線距離でどこまで飛べるのか?

ドローンメーカーには、電波の伝送範囲2,000m以上あるものが多く存在します。

ただ上の数値は、無風状態や障害物など何もない状態のMAXの数値です。

実際には、そこまで飛行しようとすると、コントローラの電波が途切れてしまうので、なかなか2,000m以上も飛べないですね。

また日本の法律では、目視外飛行は禁止されています。

目視外(自分自身の目で見れない状態)になるのは、その操縦者の視力や周辺環境によりますが、目視できるのは100~300m程度です。

風や湿度など環境条件下によっては500mくらいが電波はギリギリのときもあります。

ドローンの性能上では2,000m以上まで直線距離で飛行できるが、実質的にはもっと短い距離です。

距離と同時に高度にも注意

ドローンは、目視外での飛行に加えて、高度150m以上で飛行させることができません。

150m以内での飛行になるように気を付けましょう。

ドローンの飛行範囲としては、特選距離で300m、高度150mというのを目安として覚えておくといいのかもしれません。

より良いドローンライフを楽しんでいきましょう。

それでは。
今日も悔いのない一日を。

  • SHARE THIS ARTICLE

編集者 / ドローングラファー。大学卒業後、フリーランスとして独立。2016年ドローン空撮の魅力にはまり、国内外共に巡る。