新卒カードを捨てた末路

株式会社0 to 1の小野義明(@_yoshiakiono)です。

“大学を出たら就職するもの”

厚生労働省が発表した2021年の大卒就職率は96%。統計上「就職を希望した人」の就職率ではありますが、大多数の学生が卒業後に企業に就職を選択しております。

僕は大学卒業後、就活をしないで新卒フリーランスという道を選び、2021年には法人を設立しました。

不安な思いもありましたが、振り返ると改善し続ければ道は切り拓けると思います。

» 地方で就活しないという選択肢を選んでみた

新卒カードとは?

「新卒カードを捨てた末路」記事内画像

新卒カードとは、新卒一括採用を行う日本の就職市場において新卒が有利であることを示す、一種の就活スラングのことです。

日本のほとんどの企業は新卒一括採用という採用方式をとっています。

新卒一括採用とは、大学をまだ卒業していない大学生を新卒生として一括で採用する採用方式のことです。

企業が新卒一括採用方式をとっているため、新卒生が就職活動において有利になり、新卒生が持っている特権のことを「新卒カード」と呼んでいます。

「新卒でフリーランスは無理だ」「一生に1回しか使えない新卒カードを捨てるのか」などの意見がくると思ったので、大学の教授などに一度も相談しませんでした。

» 新卒フリーランスでしなかった1つのこと

貯金もない中、ゼロからのスタート

「新卒カードを捨てた末路」記事内画像

2012年当時、WordPressの波がきており、在学中に独学でホームページ制作の経験をしました。図書館でHTMLやCSSの参考書を借り、ドットインストールで学んでいました。

在学中にアルバイト先の方からホームページできる?と相談されて制作したのがひとつのきっかけです。アルバイト以外の初めてのまとまった収入で、小さな成功体験になりました。そこから改善をしていき、「フリーランスを始める大学卒業前に何をしていたのか」のように動いていきました。

「新卒カードを捨てた末路」記事内画像

ちなみに2022年のプログラミング学習ロードマップですと、選択肢がたくさんあります。

「世界最大級のオンライン学習サイトUdemy」の動画教材で概要を知り、つまづいたら、「教えたい人」と「学びたい人」のスキルプラットフォーム【MENTA】で質問・相談をする。

より挫折しないコースであれば、「テックアカデミー」などのプログラミングスクールもあります。無料体験もあるので、ひとまず試してあわなければ、違う進め方でいいと思っております。

まとめ

どんな状況でも、改善し続ければ道は切り拓けると信じていきたいです。

» 田舎で小さな会社を半年運営して感じたこと

株式会社0 to 1から告知

株式会社0 to 1は、小さな会社のWebサイトの更新・管理・運用を代行する定額制サービス「WebUp (ウェブアップ)」を行っています。

またFacebookページメールマガジンでも活動を発信中。

メルマガの頻度は月1回前後程のペースを予定。もしご興味ある方は登録いただけると、幸いです。

ページ内「空 景」では、ドローン空撮の仕事実績を一部まとめておりますので、こちらも併せてご覧ください。

ここまで読んで頂き、ありがとうございます。

» 小さな会社の広報ツール
» 小さな会社のおすすめ経理サービス

«
yoshiaki ono | 小野 義明

1991年鹿児島県生まれ。福岡県在住。大学在学中に独学でフリーペーパー・Webメディアを運営。2016年、フリーランスとして独立。2021年よりECサイト制作を主軸として事業にしている「0 to 1 Inc.」を設立。

最新記事