ドローンの天敵の1つ「寒さ」対策

株式会社0 to 1の小野義明(@_yoshiakiono)です。

ドローンは寒さに弱く、冬にドローンを飛ばす際には寒さ対策を行う必要があります。

冬にドローンを飛ばす際に気をつけるべきことについて紹介していきます。

寒さに弱いドローン

ドローンが寒さに弱いと言われる理由として、その大きな要因はバッテリーです。

多くのドローンはリポバッテリーを積んで動力を得ているのですが、寒い中そのまま飛行させると下記に陥る可能性もあり、本来の性能を発揮できなくなります。

  • システム制御で離陸できない
  • 飛行時間が極端に短い
  • 急に墜落する
  • 寒いと電圧が下がる

ドローンを安全に飛行させるための寒さ対策

  • バッテリーを人肌で温める
  • バッテリーを満充電にする
  • 離陸直後に少しだけホバリングする
  • 飛行直後にフルスロットルはしない
  • 天候状況を把握する

株式会社0 to 1から告知

株式会社0 to 1は、小さな会社のWebサイトの更新・管理・運用を代行する定額制サービス「WebUp (ウェブアップ)」を行っています。

またFacebookページメールマガジンでも活動を発信中。

メルマガの頻度は月1回前後程のペースを予定。もしご興味ある方は登録いただけると、幸いです。

ページ内「空 景」では、ドローン空撮の仕事実績を一部まとめておりますので、こちらも併せてご覧ください。

ここまで読んで頂き、ありがとうございます。

» 田舎の小さな会社の働き方
» 小さな会社の広報ツール
» 小さな会社のおすすめ経理サービス

«
»
yoshiaki ono | 小野 義明

1991年鹿児島県生まれ。福岡県在住。大学在学中に独学でフリーペーパー・Webメディアを運営。2016年、フリーランスとして独立。2021年よりECサイト制作を主軸として事業にしている「0 to 1 Inc.」を設立。

最新記事