香港島南部にあるビーチリゾート「レパルスベイ」でドローン空撮

株式会社0 to 1の小野義明(@_yoshiakiono)です。

2017年6月に、香港島南部にあるビーチリゾート「レパルスベイ」を訪れました。

» 中国・深センにあるドローン大手「DJI」の旗艦店を訪れる

海外でもドローン空撮を行いたい

迷った時は強気に自己投資。初心者がはじめて購入したドローン「DJI Phantom 4」』でも書いたように、2016年3月にDJI社の「Phantom 4」を購入。

海外でもドローン空撮を行いたいと思い、香港の旅には「DJI Phantom 4」を持参して移動しました。

簡易的に事前に海外のドローンに対する規制を調べる方法

事前に海外のドローンに対する規制を調べる方法はいくつかあります。あくまで簡易的ではありますが、「Drone Laws For Every Country In The World(Recreational Use Only)」は日本を含めて、海外のドローンに対する規制の有無を調べることができる便利なMapです。

たとえば、上記Mapの緑のアイコンは「一般的にドローンの使用が許可されている」、赤のアイコンは「ドローンの持ち込みあるいは使用が禁止、もしくは厳しく制限されている」など、海外のドローン規制状況に応じてアイコンが色分けされています。

ただし、あくまで海外のドローン規制を簡易的に調べるだけのものですので、記載されていることがすべてだと鵜呑みにはしないようにしましょう。現地でドローンを飛ばそうと計画している方は必ず最新の情報をご自身でもチェックするようにしてください。

香港でのドローン飛行ルール
・地上からの高度90メートル(300フィート)以下で飛行すること
・人や自動車、船、構造物からは最低50メートル離れて飛行すること
・他人のプライバシーに配慮した飛行をすること
・飛行中のドローンからものを落下させることは禁止
・空港やヘリポートの周辺と航空機の飛行経路での飛行は禁止
・日中に限り、また好天候の下で飛行すること
・目視の範囲内で飛行すること
-引用元:https://www.cad.gov.hk/reports/CAD%20Leaflet-UAS.pdf

レパルスベイ (Repulse Bay) とは

  • 名称 : レパルスベイ (Repulse Bay)
  • 住所 : G211, 1/F, The Repulse Bay Arcade, HK, 109 Repulse Bay Rd, Repulse Bay, 香港
  • アクセス : 香港中環(セントラル)からバスで30~40分。浅水灣海灘停留所から徒歩約1分

ドローン空撮の目的地である「レパルスベイ」とは、高級住宅地やブティック街もある香港を代表するビーチの一つ。

香港の中心街「銅鑼灣(コーズウェイベイ)」かバスで30~40分程度。写真は撮り忘れてしまったのですが、山道からレパルスベイの街を見下ろせる瞬間が美しかったです。

株式会社0 to 1は、小さな会社のWebサイトの更新・管理・運用を代行する定額制サービス「WebUp (ウェブアップ)」を行っています。

またFacebookページメールマガジンでも活動を発信中。

メルマガの頻度は月1回前後程のペースを予定。もしご興味ある方は登録いただけると、幸いです。

ページ内「空 景」では、ドローン空撮の仕事実績を一部まとめておりますので、こちらも併せてご覧ください。

ここまで読んで頂き、ありがとうございます。

» 田舎の小さな会社の働き方
» 小さな会社の広報ツール
» 小さな会社のおすすめ経理サービス

«
»
yoshiaki ono | 小野 義明

1991年鹿児島県生まれ。福岡県在住。大学在学中に独学でフリーペーパー・Webメディアを運営。2016年、フリーランスとして独立。2021年よりECサイト制作を主軸として事業にしている「0 to 1 Inc.」を設立。

最新記事