迷った時は強気に自己投資。初心者がはじめて購入したドローン「DJI Phantom 4」

株式会社0 to 1の小野義明です。

ドローンを初めて買う際に、当時予備バッテリーなど含め30万程のドローンを購入しました。

人のモチベーションというのは、思いのほか、道具に左右されるもの。

初心者だからこそ少しでも早く上達するため、手頃な価格帯のものより、むしろプロが利用するような良い道具に投資し、ガンガン使うべきだと思っています。

» DJI製品のフライトモードからみるドローン操縦の魅力と危険性
» 中国・深センにあるドローン大手「DJI」の旗艦店を訪れる
» ドローン空撮から田舎の景色に触れる
» 福岡で初心者からドローン飛行申請に必要な「操縦経験10時間以上」を達成するまで

2016年3月にDJI「Phantom 4」が発売

  • Phantom4は、2016年3月にDJI社が販売したドローン
  • 2015年5月に販売されたPhantom3のリリースから、約10ヶ月後に販売開始
  • Phantom3では飛行時間が約10分だったのが、Phantom4になって約28分と大幅に延びる
  • Phantom4になって一番変わった点は、「障害物回避機能」

2016年に「Phantom 4」を購入。

当時発売されていた初心者向けのドローンより、衝突回避機能やトラッキング機能搭載など安定した飛行の実現、最大4K30pの高画質な動画撮影が可能。

いままで見たことない景色が広がり、気づけば夢中になっていました。

購入前からドローンに興味があり、知人が持っているDJI社の「Phantom 2」を運転させてもらったこともあります。

前々から欲しいと思っていた矢先に「Phantom 4」が発売。

これは買うしかないと購入を決意。

「迷った時は強気に自己投資。初心者がはじめて購入したドローン「DJI Phantom 4」」記事内画像

当時、予備バッテリーなど含め30万程の価格帯。趣味で始める段階にしては「高いかな」と不安な気持ちでもありました。

振り返ると、あの時の選択が、ドローン撮影などの仕事に繋がるきっかけになりました。

迷った時は強気に自己投資するべき。

この判断軸はときに躊躇してしまうことがあるので、自戒を込めて書き残しておきます。

株式会社0 to 1は、Facebookページメールマガジンをはじめております。

メルマガの頻度は月1回前後程のペースを予定。もしご興味ある方は登録いただけると、幸いです。

読んで頂き、ありがとうございます。

» 田舎の小さな会社の働き方
» 小さな会社の広報ツール
» 小さな会社のおすすめ経理サービス

«
»
yoshiaki ono | 小野 義明

1991年鹿児島県生まれ。福岡県在住。大学在学中に独学でフリーペーパー・Webメディアを運営。2016年、フリーランスとして独立。2021年よりECサイト制作を主軸として事業にしている「0 to 1 Inc.」を設立。

最新記事