中国・深センにあるドローン大手「DJI」の旗艦店を訪れる

株式会社0 to 1の小野義明(@_yoshiakiono)です。

2017年6月に、スタートアップ企業が多く生まれている理由からハードウェアのシリコンバレーと呼ばれる「中国・深セン」を訪れました。

» ドローン空撮から田舎の景色に触れる
» 福岡で初心者からドローン飛行申請に必要な「操縦経験10時間以上」を達成するまで

ハードウェアのシリコンバレーと呼ばれる中国・深センとは

「中国・深センにあるドローン大手「DJI」の旗艦店を訪れる」記事内深センの景色

  • 世界的なドローンメーカー・DJIが生まれた場所
  • 町工場ネットワークと呼べるような、小規模な製造下請け会社が無数に存在
  • 中国にある7つの経済特区のうちの一つ

使用しているドローンのDJI社は深センが本拠地。(2017年当時)

中国では一体何が起こってるんだろう?」と気になり、「福岡ー香港・深セン」行きのチケットを購入。

» 格安航空券ならエクスペディア

「中国・深センにあるドローン大手「DJI」の旗艦店を訪れる」記事内深センの景色

到着すれば、DJIの旗艦店があるエリア「海上世界」は、予想を裏切るぐらいに洗練された街並み。

ゴミが街中に落ちておらず、若者や多様な観光客で賑わう様子は、これからの成長ぶりを表すぐらいの熱気が(!)。

熱気ある“現場”に一歩足を踏み込んでみると、情報と体感は全く異なるものだと、行ってみて改めて感じます。

DJIの旗艦店で商品映像が大画面で流れており、その映像の質が高く、「この製品を購入したらこんな未知なる世界が待っている」と、背中を後押ししてくれような内容で、当時何度も見入っていた記憶があります。

2022年はドローン飛行も免許制に変わることもあり、中国・深センの記憶を思い返しながら記事として残しました。

十分気をつけながら、今年もドローン飛行を楽しみましょう。

株式会社0 to 1は、小さな会社のWebサイトの更新・管理・運用を代行する定額制サービス「WebUp (ウェブアップ)」を行っています。

またFacebookページメールマガジンでも活動を発信中。

メルマガの頻度は月1回前後程のペースを予定。もしご興味ある方は登録いただけると、幸いです。

ページ内「空 景」では、ドローン空撮の仕事実績を一部まとめておりますので、こちらも併せてご覧ください。

ここまで読んで頂き、ありがとうございます。

» 田舎の小さな会社の働き方
» 小さな会社の広報ツール
» 小さな会社のおすすめ経理サービス

«
»
yoshiaki ono | 小野 義明

1991年鹿児島県生まれ。福岡県在住。大学在学中に独学でフリーペーパー・Webメディアを運営。2016年、フリーランスとして独立。2021年よりECサイト制作を主軸として事業にしている「0 to 1 Inc.」を設立。

最新記事