ドローン空撮から田舎の景色に触れる

株式会社0 to 1の小野義明です。

ドローン空撮を始めたのが2016年。

スタートアップ企業が多く生まれている理由からハードウェアのシリコンバレーと呼ばれる「中国・深セン」。

その土地に本社を構える大手ドローンメーカーDJI社から、「Phantom 4」が発売された年でもあります。

こんな景色があったのか」。

はじめてドローンを飛ばしたとき、鳥のような視点で世界が広がり感動しました。

20カ国以上訪れて再確認する地域の魅力

  • 無人航空機の飛行許可が必要な空域
  • 空港等の周辺の上空の空域
  • 150m以上の高さの空域
  • 人口集中地区の上空

上記の通り、ドローンを飛ばす際は田舎の土地に行く機会が多いです。

田舎は美しい自然がたくさん残って、その土地にしかない景色の美しさを再認識します。

「ドローン空撮から日本の田舎に触れる」記事内画像

学生時代より海外旅が好きです。グローバル都市にいけば、程度の差はあれど、その中心地はどこも同じような景色が広がっていて、同じ理想形を目指している状況。

たしかにそこに活気はあるかもしれませんし、経済発展しているので勢いを感じます。

でも数カ所いけばすぐに見慣れた光景になります。

結局は似たような景色が広がっているだけですから。

それよりも、その土地にしかない原風景に惹かれます

ドローン空撮から田舎の景色に触れていきたい

田舎の景色は、誰かの故郷の原風景であり、前々より脈々と残っている風景は感動します。

これからもマナーを守り、日本の田舎の景色に触れていきたいです。

株式会社0 to 1は、Facebookページメールマガジンをはじめております。

メルマガの頻度は月1回前後程のペースを予定。もしご興味ある方は登録いただけると、幸いです。

読んで頂き、ありがとうございます。

» 田舎の小さな会社の働き方
» 小さな会社の広報ツール
» 小さな会社のおすすめ経理サービス

«
»
yoshiaki ono | 小野 義明

1991年鹿児島県生まれ。福岡県在住。大学在学中に独学でフリーペーパー・Webメディアを運営。2016年、フリーランスとして独立。2021年よりECサイト制作を主軸として事業にしている「0 to 1 Inc.」を設立。

最新記事