効率的に生きるのやーめた

市内に住んでいた3年くらい、効率的に生きてきた気がします。

家具やモノを持たないで、シュッとした言い方でいえばミニマリスト的な生活。

調理器具を置かないで、ご飯を家で作らず、外で食べる日々。

家で過ごす時間はほぼ寝るためで、徒歩10分圏内の事務所とジムに通う。

買い物は、メルカリで売れることを想定しながら、買い物をする。(これがメルカリ経済?)

そんな生活を過ごしていて、2020年6月より田舎の方に引っ越しをしました。

一言で、効率を中心とした暮らし方をしている自分に飽きました!

コロナによって個人的に変化したこと
https://onoyoshiaki.com/coronavirus_life/

中身が空っぽになる

もちろん、時として効率を中心とすることは大事な瞬間もありますが、すべての軸にそのことは置きたくない。

生産性も大事だけど、無駄を省きすぎて、近くに眠っているまだ知らぬ価値観や学びに触れないのはもっと嫌です。

ミニマルで効率中心とした日々を過ごして感じたのは、勝手に選択肢を狭めている気がしました。

もっと早く気づきたかった…。汗

イマは家具や調理器具など、ほとんど部屋になかったため、買い揃えをしています。

居心地良い空間作りや料理がすごく楽しい。

いままでしてこなかった反動もあるけど、3年程取り付いていた価値観が洗われていくような、学びが多い日々を過ごしている。

過去3年間過ごしてこなかったことを、この一年は取り組んでいきたいという選手宣誓的な記事でした…!

それでは、このへんで。
今日も、よい人生とよい旅を。

  • SHARE THIS ARTICLE

大学在学中より独学で観光メディア・ウェブサイト制作を始め、新卒フリーランスとして独立。2016年にドローンと出会い、空撮の魅力にはまり、国内外をドローンと共に巡る。2020年観光メディア「TRIP OFF」立ち上げ準備中。