ドローン飛行の前に確認したい飛行禁止区域の探し方(サイト&アプリ)

おはようございます、小野義明です。

ドローンを飛ばしたことはあるでしょうか?

DJIをはじめ、最近ではとても多くドローンが、日本中で飛ぶようになってきましたね。

それに伴って法律についても、年々厳重化しています。そこで今回は、ドローン飛行を楽しむときに必ず知っておくべき主要な「飛行禁止区域の探し方(サイト&アプリ)」について、大枠のみ紹介していきます。

飛行禁止区域の探し方(サイト&アプリ)

改正航空法(通称、「ドローン規制法」)をはじめ、ドローンに関する法律は年々増えてます。

DJIドローンを最近買った友達から「フライトさせる場所探しに困る!」と、僕に相談をくれる機会も増えてきました。

そこで、飛ばす前に「ドローンを飛ばせる場所を探せる便利なサイト&アプリ」が以下になります。。

地理院地図

1つ目は、国土地理院が提供する地理院地図です。

地理院地図は、国土交通省が定める改正航空法が記載されたページに、飛行禁止区域を確認するための参考サイトとして取り上げられており、それを提供する国土地理院は国土交通省の特別機関です。

面倒なステップを踏むことなく、飛ばしたい住所だけを打ち込むだけで利用できる点が、地理院地図を使うメリットの1つ。

また、国土交通省が正式に提供するドローン向けの地図ですから、正確性はとても高いといえます。

地理院地図
地理院地図 / GSI Maps|国土地理院

SORAPASS(ソラパス)

2つ目は、それがブルーイノベーション株式会社および株式会社ゼンリン等が提供するSORAPASS(以下、「ソラパス」)。

ソラパスは、アカウント登録することで飛行禁止区域の表示をしてくれ、また他にも飛行申請を簡略化できるサポート機能なども備わったドローン専用飛行支援サービスです。

無料版と有料版があり、無料版は「飛行禁止・危険区域等の地図を閲覧」ができます。これだけでも十分な機能と言えますね。

ちなみに有料版は、「気象情報提供」「3次元地図」などフライトに便利な機能の他に、「行政書士による飛行許可申請サポート」などのサービスを提供しています。

地理院地図
ドローン専用飛行支援サービス(SORAPASS)

禁止エリアと飛行可能時間を一発表示するアプリ「ドローン飛行チェック」

ドローンの飛行禁止エリアとなる「人口集中地区」「空港、ヘリポート、自衛隊基地」を表示してくれるアプリです。「小型無人機等飛行禁止法」に該当する国の重要施設などに関しては表示がないので注意しましょう。

飛行禁止エリアを簡単に表示してくれるアプリ「ドローンフライトナビ」

アプリ「ドローンフライトナビ」は、「人口集中地区」「空港、ヘリポート、自衛隊基地(進入表面等にも対応)」「小型無人機等飛行禁止法」などの全ての飛行禁止エリアに対応し、余計なログイン作業不要で、飛行エリアを確認することができます。

これらの禁止区域を参考に、他の人に迷惑をかけない、より良いドローンライフを楽しんでいきましょう。

それでは。
今日も悔いのない一日を。

  • SHARE THIS ARTICLE

編集者 / ドローングラファー。大学卒業後、フリーランスとして独立。2016年ドローン空撮の魅力にはまり、国内外共に巡る。