ドローン空撮から日本の原風景に触れる

ドローンを飛ばすと世界が広がる。ドローン空撮を始めたのが2016年です。スタートアップ企業が多く生まれている理由からハードウェアのシリコンバレーと呼ばれる「中国・深セン」。その土地に本社を構える大手ドローンメーカーDJI社から、「Phantom 4」が発売された年でもあります。「こんな景色があったのか」。はじめてドローンを飛ばしたとき、鳥のような視点で世界が広がり感動しました。

20カ国以上訪れて再確認する地域の魅力

無人航空機の飛行許可が必要な空域
・空港等の周辺の上空の空域
・150m以上の高さの空域
・人口集中地区の上空

上記の通り、ドローンを飛ばす際は田舎の土地に行く機会が多いです。田舎は美しい自然がたくさん残って、その土地にしかない景色の美しさを再認識します。

学生時代より旅が好きで、いまでも年間5ヶ国程海外を訪ねています。グローバル都市にいけば、程度の差はあれど、その中心地はどこも同じような景色が広がっていて、同じ理想形を目指している状況です。たしかにそこに活気はあるかもしれませんし、経済発展しているので勢いを感じます。でも数カ所いけばすぐに見慣れた光景になります。結局は似たような景色が広がっているだけですから。それよりも、その土地にしかない原風景なものや景色に惹かれます。


Instagramでは、「地域の何気ない景色を空撮で記録する」試みをしております。地域には「何もない」。よく聞く言葉です。どの地域にも光るものがありますし、光の当て方によっては大きな価値を発揮するものもあります。これからも、色々な地域の原風景に触れていきたいです。それが地域の魅力の理解を深めることにも繋がるはずだから。

それでは、このへんで。
今日も、よい人生とよい旅を。

  • SHARE THIS ARTICLE

編集者 / ドローングラファー。大学卒業後、フリーランスとして独立。2016年ドローン空撮の魅力にはまり、国内外共に巡る。