ドローンのバッテリーは冬の寒さに弱い。支障が出る理由と寒冷対策。

おはようございます、小野義明です。

急に寒さがやってきて温かなものが手放せない季節です。

気温が低い気候といえど、ドローンを飛行させなければならい機会は多々あります。

「ドローンっていつでも飛ばせるんでしょ?」

そのようなイメージをお持ちの方も多いのですが、実際にはドローンは寒さに弱いです。場合によっては飛行できないこともあります。

ドローンは寒さに弱い=バッテリーが寒さに弱い

ドローンの天敵の1つが「寒さ」です。

肝心なのはバッテリーです。ドローンが弱いというよりかは、バッテリーが弱いのです。

氷点下になる気温の場合、「飛ばせられない」という状況になる可能性もあります。

多くのドローンには、ノーベル賞でも話題になった「リチウムイオン電池」の仲間である「リチウムイオンポリマーバッテリー(通称:リポバッテリー)」が使用されています。

エネルギー密度が高いことが特徴で、高出力・短時間使用に向いています。最近だと、ドローンの他にスマートフォン、電動ガン、ラジコン自動車にも使われています。

リポバッテリーは以下の特徴があります。

・寒いと電圧が下がる
・寒いと容量が減る
・寒いと消耗が早い

iPhoneを使っていると、冬の方がバッテリー消耗が早くなるのもこのことが原因。

気温によってバッテリーの能力が低下し、本来の性能を発揮できなくなります。

つまり、低温環境下に置かれるとドローン自体の飛行に支障が出てくるわけです。

具体的には

システム制御で離陸できない
飛行時間が極端に短い
急に墜落する

というリスクも持ち合わせています。

ドローンメーカーからのガイドラインでは?

DJIドローンのマニュアルにも以下のように記載がされており、やはり取り扱いには注意が必要なことが理解できます。

低温環境での注意点

1. 低温環境下(<0℃)での飛行時は電池容量が大幅に低減します。
2. 非常に低い温度(<-10℃)の環境下での使用は推奨いたしません。-10℃~5℃の環境下で使用する際には、電圧が適切なレベルにまで達する必要があります。
3. 低温環境で飛ばしている際にローバッテリー警告が出た際は、即座に飛行を中止してください。
4. 低温環境でバッテリーを使用する前には、バッテリーを温めるため室内に置いておいてください。
5. バッテリーの性能を発揮させるために、バッテリー本体の温度を20℃以上に保ってください。
※引用:DJI「ユーザーマニュアル」

上記の通り、冬の寒い時期では、普段の感覚のままドローンを飛行させると、通常よりも早くバッテリー容量を消耗してしまいます。

冬の寒さのなか、安全のためにおこなっているドローンのバッテリー対策を3つ紹介をします。

01.バッテリーを保温する

飛行開始する前からバッテリーを温めておきます。

洋服と一緒にバッテリーを着て、自分自身の体温でバッテリーがほどよい温度に保たれます。

その他にも、人によってはクーラーボックスや湯たんぽを使用していたり、バッテリーをタオルで巻いたりしている方法もあるようですね。

バッテリーを労るのなら、じんわりと温めていくのが最適です。

02.バッテリーを満充電にする

当たり前といえば当たり前の話。

冬の環境下では、バッテリー性能が低下するため、電力の消費量も上がりやすい傾向にあります。

そのため、すぐにバッテリー容量が少なくなる可能性がありますので、予めしっかりとフル充電しておくようにしておきましょう。

残量が中途半端なバッテリーを使用した場合、飛行している間に消耗が進み、ドローンが帰還できなくなったり、思わぬバッテリー切れで墜落したりします。

03.離陸直後に少しだけホバリングする

ドローン離陸の際には、すぐに上空に飛ばすのではなく、離陸直後に高度1.5mくらいでホバリングします。

バッテリーを使うことによって温度や電圧を安定させています。

慣れさせるという点もありますが、ホバリング状態で異常がないかのチェックも可能になります。もし電圧異常があって墜落しても、高さ1.5mでのホバリングのため事故は限りなく起きにくいです。

ドローンの動作で何も問題がないようであれば、急な上昇下降等は控え、ゆっくりと操作するようにしましょう。

冬の時期でも楽しむために

きちんと対策をしていれば、積雪のあるエリアでもドローンの飛行は全然可能です。

本格的な冬が到来する時期。バッテリー対策をしながら、より良いドローンライフを楽しんでいきましょう。

それでは。
今日も悔いのない一日を。

  • SHARE THIS ARTICLE

編集者 / ドローングラファー。大学卒業後、フリーランスとして独立。2016年ドローン空撮の魅力にはまり、国内外共に巡る。