【ドローン操縦】ドローン自体だれでも飛ばせる時代だからこそ、ATTIモードでの練習の必要性

おはようございます、小野義明です。

【初心者へ】DJI製品のフライトモードからみるドローン操縦の魅力と危険性でも書いた続きで、今回はATTIモードでの練習の必要性について書いていきます。

そもそもAモード : ATTIモードとは?


Aモードは「ATTIモード」とも言われ、マニュアル操縦によるスムーズな飛行が重視されるフライトモードです。車でいうところのオートマ車とマニュアル車の例えが近いかもしれません。

特徴はGPS、ビジョンポジショニング、障害物検知システムが全て無効になり、気圧計を使用した高度維持のみを行います。

そのため、Aモード中では機体の位置を一定にしたホバリングや自動ブレーキなどがかからず、風などで水平に流されていきます。

操縦者は送信機のスティックを巧みに操作することで、機体のコントロールを行う必要があります。

ホバリングさせるには常にスティック操作しなくてはならず、操作が必要です。

その場合、『当て舵』といって風を読んで、進行方向とは逆方向に機体を傾け、それまでの動きを打ち消すようにスティックを入れ、ホバリングをさせます。

通常、Pモードではドローンの動きが、GPS機能によってカクカクした動きになってしまいますが、Aモードで操作することで、操縦者が考える、より滑らかな動きで空撮を行うことができるようになります。

ATTIモードは操縦の難易度があがる

オートマ車からマニュアル車に乗り換えるとクラッチ操作など不慣れな点がでるように、”マニュアル操縦”とも呼ばれるATTIモード。具体的にどういった点が難しくなるのだろうか。

・常にスティック操作が必要

ATTIモードは離陸直後から常にスティック操作が必要です。GPS、ビジョンポジショニング、障害物検知システムが全てオフになるからです。

風速1m前後でも風にあおられやすいので、飛行中も進行方向とは違う方向に機体が流される場合は、スティック操作でカバーしなくてはなりません。

・当て舵操作が必要

ATTIモードでの操縦は、『当て舵』といって進行方向とは逆方向に機体を傾け、それまでの動きを打ち消すようにスティックを入れ、ホバリングを操作する必要性があります。

・スティックの感度があがる

少しスティックを倒したつもりでも、予想以上に機体が反応します。

機体が勝手に流されるので焦って操作してしまいがちですが、大雑把にスティックを動かすと機体が反応しますので危険です…!安全機能がオン状態である『Pモード』と比べてみる、その違いに気づきやすいです。

それでもATTIモードで操縦する意味

・操縦のスキルアップのため

難易度のあがるマニュアル操縦であるATTIモードで練習することで、操縦スキルの向上に繋がります。

当て舵操作や繊細なスティック操作はPモードでは練習できません。

また、飛行中にセンサーが故障するなど万が一のアクシデントが発生した場合、ATTIモードでの操縦ができないと無事に帰還させることができず、墜落等の二次被害が起こりかねません。

・質の高い空撮を行うため

Pモードでの撮影はGPSによる位置補正がかかり、滑らかな移動ができずカクついてしまうことがあります。

ATTIモードはそういった補正がないため、より滑らかでスムーズに空撮を行うことができます。

・自動的にATTIモードへ切り替わるため

GPSが十分に受信できずビジョンシステムも利用できない場合、、Pモードから自動的にATTIモードへ切り替わります。

オートマ車からいきなりクラッチなどあるマニュアル車に運転が変わるようなことに近いです。

以上を踏まえて、ドローン飛行に自信がついたら、GPSを切った状態での距離を伸ばして行き、ゆっくりと慣らして飛行の幅を広げていきましょう。この際に決して無理をしてはいけません。自分がどこまで飛ばせるのかの感覚をゆっくりと掴んでいくのが大切です。

僕もまだまだ途中の身ではありますが、ドローン飛行の実体験をもとに学んでいきたいと思います。

それでは。
今日も悔いのない一日を。

  • SHARE THIS ARTICLE

編集者 / ドローングラファー。大学卒業後、フリーランスとして独立。2016年ドローン空撮の魅力にはまり、国内外共に巡る。