「自分のためのメモ」として。ブログを2ヶ月毎日書き続けて思うこと

ブログで稼ぐ。

お金ファーストになると、何事もなかなか続きづらい部分があります。

2020年は発信の年として、2019年大晦日から「note」を開始。同時にTwitterも本格的に始動。2020年1月29日からは、ブログ更新を継続。

ブログを2ヶ月毎日書き続けて思うことは、「自分のためのメモ」としてブログを始めるということです。

「情報発信」という言葉の重さ

ブログをお金のためにやると、他の人もお金のために似たようなことをやってるから、それはそれで大変な競争の中に放り込まれる羽目になると思います。

短期的な視点からみると、当初はお金は稼げないかもしれない。

だけど、ブログやSNS発信を続けるおかげで、いろんな人に出会え、チャンスにも巡り会う可能性が高まるのも事実。

SNSがなかったとしたら、新卒フリーランスから短い期間で仕事に繋がる機会は少なかったはず。

たぶん、「情報発信」という言葉が重いのかなと。

それは、SNSが当たり前の時代の中、4年間程本格的に発信していなかった実体験から振り返ります。もしかしたら、自意識過剰な部分がジャマしているのかもしれません。

ブログやSNSで発信しようと聞くと、ページビューやお金のことなど意識して、すぐ挫折して続かなくなりやすい。

そうした羞恥心などを少しずつ振り切って、発信することは自分が楽しくなるためであり、自分が少し賢くなるためでもあり、自分の記憶を残すため。

そう思うことが、続けるためのちょっとしたコツなのかもしれません。

それでは、このへんで。
今日も、よい人生とよい旅を。

  • SHARE THIS ARTICLE

編集者 / ドローングラファー。大学卒業後、フリーランスとして独立。2016年ドローン空撮の魅力にはまり、国内外共に巡る。