「メディア」というフィルターだけを通して判断しないこと

気になるひとがいるならば、実際に会いに行ってみることが大事だと思っています。
振り返る形になるのですが、2016年7月下旬にタイ・バンコクに3泊4日で訪れました。

バンコクで起業している人達に会う


航空券代がキャンペーン中という事をSNS上のタイムラインに流れたのを見て海外格安航空券予約サイトで購入へ。当時海外で起業してる方のインタビュー記事を読む機会が多く、せっかくバンコクに行くなら現地で働いている人にお会いしたい。

そう思い立ち、ホームページのお問い合わせフォームより事前に連絡を送り、ご縁があり4名の方にお話を聞くことができました。何で日本を離れて起業しようと思ったのかという疑問に対しては、『今後の日本社会に対しての閉鎖的な空気感や不安から移住した』人もいれば、『何度もバンコクにふらふらと遊んでいたら気づけば移住していた』という人もいる。実際にそのひとたちのもとに訪れて、自分の目で見て、耳で聞くことで腹落ちすることは多いです。

インターネットやSNSの発達のおかげで、情報はほとんど遅延・過不足なくどこにいても得られるようになってきました。誰もがそんな恩恵を受けられるようになってくれば、フィジカルで何を体験するかのかがより一層重要な決め手になってくる。個人が直接発信しているSNSというメディアも含めて、「メディア」というフィルターだけを通してすべて判断しないことを心掛けたいです。

それでは、このへんで。
今日も、よい人生とよい旅を。

  • SHARE THIS ARTICLE

編集者 / ドローングラファー。大学卒業後、フリーランスとして独立。2016年ドローン空撮の魅力にはまり、国内外共に巡る。