仕事の総量を整えていく

忙しいは精神的キャパオーバー。

2020年4月から9月に至るまで、根詰めて働いている状況が続いていたりします。

今年の年始に掲げたブログやSNSでの発信を継続することも、途中から継続ができておらず…。涙

「自分がもう一人いれば…」と思うくらい、目の前の仕事に追われ、思考停止に至っているような状態でもあります。

やっぱり、ずっと仕事をしている時や、焦ってる時、苦しい時、視野が狭くなっちゃって、いろんな角度から物事を考えられなくなる、、僕だけですかね( ; ; )笑?

興味や関心は心に余裕がある状態でないと生まれにくい。誰しもがそうだと思うのですが、僕はこの状況がずっと続くのは嫌だと感じてる。

もっと暮らしや自然などに身をおき、本を読んで知識や学びを深めたり、人と会い新たな視点を得たりと…今年の下半期は根本にある仕事の総量を見つめ直す時期にします。

「忙しい」というのはメンタルの問題なのか

人は忙しいからメンタルを崩すわけでも不安だからメンタルを崩すわけでもなく「どこに向かってるかわからなくなったとき」メンタルが弱るという話とかありますよね?

目指すべき場所がハッキリしていて確実にそこに向かっていれば、多少忙しくてもメンタルは健全に保てるのも実感します。

だからといって働き詰めががいいというわけではないけど、少なくとも「勤務時間を減らせば万事オーケー」というわけではない、ということ。

イマは目標も見失いかけている迷える子羊状態(!)なので、向き合うことも踏まえて、仕事の量を整理していきたい。

しかし!頼まれた仕事は極力断りたくないのも事実。むちゃくちゃ強引ですが、アルバイトスタッフを募集をしています!

福岡在住で、HTML/CSS/JavaScript などコーディングの基礎知識があり、Javascript、PHPも出来る方などいましたら、SNSなどでDMくださいー!

  • SHARE THIS ARTICLE

編集者 / ドローングラファー。大学卒業後、フリーランスとして独立。2016年ドローン空撮の魅力にはまり、国内外共に巡る。